2012年5月10日木曜日

静岡市葵区 手打ちそば民宿 三右ヱ門でお昼ご飯

いつも美味しい情報を教えて頂いてい静岡道楽手帖さんのblogに、藁科の奥に美味しい民宿があると記載があり、写真や文を見ていたら、かなりムラムラ… 我慢できず、かみさんを誘って行ってきました┏( ・_・)┛┏( ・_・)┛

あいにくの雨で、藁科の奥の細道をおっかなびっくり進む事、約1時間。日向郵便局 の裏手にその民宿はありました。
DSCF0073 1
民宿ではご主人に暖かい出迎えをして頂き、とっても良い第一印象(o^-')b
広い玄関を通り、案内されたのは、縁側のある6畳ほどの屋根の高い居間(゜ ゜;) 部屋の中央には卓上の囲炉裏があり、田舎の親戚のお家に帰省してきたみたいな感覚がありありです。


民宿なのですが、ランチのみでも利用が可能です。でも街中から1時間とはいえ、なんで完全予約制なのかしら? その疑問は、女将さんが料理を並べ始めたら、理由が分かりました。
DSCF0052 1
手作りの山菜づくしが10品(゜ ゜;)
おいおい、まだ前菜だぞ(;゚Д゚)(゚Д゚;(゚Д゚;)とかみさんとおろおろしていると…

玄米と粟を一緒に炊き込んだご飯がおひつで出てきました。ふたを開けた途端に、良い香りが部屋を駆け巡り、ついつい大盛りでご飯をよそってもらいました。
DSCF0054 1 DSCF0053 1 DSCF0055 1
手作りの山菜小鉢は、大人の苦みを残しつつもどれも美味しく、わらび・竹の子・ぜんまい までは覚えたのですが、10品全部は覚えきれませんでしたA^^;)

ひとしきり山菜小鉢を楽しんだ所にやってきたのが山菜の天ぷらです。 DSCF0056 1
ご主人と女将さんのお二人で切り盛りしている様なので、揚げたての天ぷらではありませんでしたが、たらの芽・よもぎ・酒屋の娘(コシアブラ)などなど   
どれも食べても美味しぃ〜(o^-')b

天ぷらを楽しみつつ、テーブル中央の囲炉裏で自家製の野菜を炭火で焼きます。
DSCF0061 1 DSCF0063 1
雨音とパチパチッと炭がはぜる音を聞きながら、山菜を楽しむ。なんと贅沢な時間。

そしてメインのご主人の手打ち蕎麦が登場です。
あれだけ美味しい山菜を食べてきたにも関わらず、"普通と大盛りとどちらになさいますか?"と聞かれて、"大盛り"と無意識に応えてしまったのは、こんなに手が込んだ料理を作るご夫妻が作る蕎麦は、どんなものだろうと、期待してしまったからです。 DSCF0068 1

DSCF0070 1やってきた大盛り蕎麦は、てかり具合、噛み応え共に、趣味で始めたとは思えない仕事ぶり。蕎麦汁は土地柄なのか、かなり甘めです。この汁に天然の大ぶりなわさびを添えて食べると、う〜ん美味しい(o^-')b
蕎麦はお代わり可能ですが、山菜を山ほど堪能してきているので、大食らいの私でも無理でした_| ̄|○


そして、手作りのおはぎ DSCF0072 1
見た目よりも甘みの少ないおはぎで、ぺろりと食べてしまいましたA^^;)
こんなに食べさせてもらったのに、1,500円/人とは…驚きです!!

DSCF0064 1ご主人・女将さん共に、素晴らしいまでの心配りで、座ってから90分も経過した事を忘れさせる楽しさでした。 料理・山村の雰囲気・縁側から見える美しい山並みどれをとっても、街中では得る事のできない物であり、車で1時間かけてまで行く価値は、間違いなくあります!!


帰り際、車のルームミラーの中で、手を振るご主人の姿を見たら、"ありがとう"と言っていました。次はいつ行こうかな?
美味しい料理をごちそうさまでしたm(_ _)mm(_ _)m

0 件のコメント:

コメントを投稿

EXIF

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...